三井住友銀行住宅ローン

住宅ローンで悩まれている皆様へご提案!

 

どうして、三井住友銀行の住宅ローンがお勧めなのか?

 

 大手都市銀行の中ではトップクラスの低金利
 独自の定額プランで総返済額を大幅削減できる。
 来店せずに、ネットで契約することができる。
 大手銀行という安心感がある。
 生命保険や特約など、もしもの時に備えた補償を追加することができる。

 

※住宅ローン借り換えとしてもおすすめです。

三井住友銀行住宅ローンについてもっと詳しくお知りになりたい方は...

三井住友銀行及び住宅ローンの特徴は?

このサイトでは、三井住友銀行の住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

まず、三井住友銀行とは、どのような銀行なのでしょうか?

 

 三井住友銀行は、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行で、三菱UFJフィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループと並んで、3大メガバンクの一角です。

 

 三井住友銀行は、2001年に住友グループの住友銀行と、三井グループに属するさくら銀行が合併して誕生しました。

 

さくら銀行は、三井銀行と太陽神戸銀行(太陽銀行と神戸銀行が母体)が合併した銀行なので、三井住友銀行は多くの銀行の集合体といえます。

 

また、住友グループと三井グループという異なる旧財閥が枠を超えて合併したことで世間を驚かせましたが、やや住友グループ寄りだともいわれています。

 

また、グループの傘下に信託部門を持っていないため、総合的な金融グループとしては弱みももっていますが、逆に、個人リテール分野ではかなり強いといわれています。

 

 

 三井住友銀行では、一般的な住宅ローンと、住宅購入・建築時の諸費用やリフォームを対象としたローンなどを取り扱っています。

 

 

三井住友銀行の住宅ローンの特徴として、ユーザーのライフスタイルに合わせて、色々なバリエーションの中から選択するということが挙げられます。

 

 

三井住友銀行の住宅ローンの特徴を簡単に列挙すると、下記の通りです。

 インターネットバンキング(SBMCダイレクト)を利用すると、一部繰り上げ返済手数料が無料になります。

 

 三井住友銀行のATM、@BANKでのATM時間外手数料が無料になります。コンビニATMの時間外手数料やATM手数料が月に4日まで無料になります。

 

 金利タイプについては、通常の変動金利型、固定金利選択型、長期固定金利型に加えて、複数の金利タイプをミックスできるミックス金利型、返済額を指定できる定額返済プランなど、様々なタイプを選ぶことができます。

 

 万一のための備えとして、一般的な三大疾病保障付住宅ローンに加えて、突然の自然災害に対して保証してくれる自然災害時返済一部免除特約付住宅ローンがあります。

 

 三井住友銀行は多くの店舗を持つメガバンクですが、ネットバンクと同様に、申し込みから融資まで来店が不要なネットdeホームと呼ばれるサービスも提供しています。

 

 建物の完成を保障するERIソリューション提携住宅ローンを提供しています。

 

 引越しの代金などの割引を受けられるライフイベントサービスを提供しています。


三井住友銀行の住宅ローンはどんな方に向いている?

三井住友銀行の住宅ローンには、どのようなメリットがあり、どのような人に向いているのか考えてみましょう!

 

 

 長期固定金利

 

三井住友銀行が提供している長期固定金利は、2012年8月現在で、2.19%(10〜15年)、2.36%(15〜20年)、2.42%(20〜35年)となっています。

 

この金利は、三菱東京UFJ銀行やりそな銀行などと比べるとかなり低く、みずほ銀行と並んで大手都市銀行としてはトップ水準の低金利です。

 

従って、

 

三井住友銀行の住宅ローンは長期固定金利型を希望する方。

 

 定額返済プラン

 

三井住友銀行の住宅ローン独自のサービスで、他にあまり類を見ないものとして、定額返済プランがあります。

 

定額返済プランでは、変動金利型の金利方式ですが、より高い一定の金利を仮定して返済を行います。

 

実際の金利との差額は自動的に繰り上げ返済を行なっているものと同様の効果があります。

 

現在は、実質ゼロ金利状態と呼ばれるほど低金利状態です。

 

変動金利型を利用する人が、現在の低金利でなければローン返済が困難になり、住宅ローンの返済が破綻するリスクが大きくなりますが、現在の低金利であればある程度の余裕を持っているものと思われます。

 

その余裕分を繰り上げ返済に充てることが出来れば、トータルの支払額を効果的に低減できることができます。

 

従って、

 

三井住友銀行の定額返済プランは、返済にやや余裕があり、積極的に繰り上げ返済を行いたい方。

 

 来店不要の住宅ローン契約サービス

 

三井住友銀行では、ネットdeホームと呼ばれるサービスがあり、一度も銀行のへ来店することなく住宅ローンの契約を行うことができます。

 

サラリーマンなど平日の日中に仕事を抱えている人や、近所に三井住友銀行の支店がない人などにとって、銀行へ来店せずに契約が可能であるということは、大きなメリットといえます。

 

三井住友銀行では、大手都市銀行でありながら、インターネット銀行と同様の利便性を提供しているため、サラリーマンの方など。

 

 大手銀行の安心感

 

三井住友銀行は、押しも押されもせぬメガバンクの一角ですから、住宅ローンを借りる相手として、安心感があります。

 

例えば、中小の銀行などでは、経営が安定しない際に、店頭金利を引き上げるという選択肢を取るかも知れません。

 

大手銀行の安心感を得たい方。

 

 様々なローン補償

 

三井住友銀行では、団体信用生命保険に3大疾病と5種類の重度慢性疾患を対象とした特約を付加することができます。

 

また、自然災害時返済一部免除特約付住宅ローンも用意されていて、万一の災害に対しても安心感が広がります。

 

従って、

 

リスクをなるべくヘッジしたいと考える方。


住宅ローン関連のリンク集

住宅ローン減税を受けるには?:住宅ローン減税手続きの方法やシミュレーションなどがわかりやすく解説してある専門のページです。住宅ローンを借りている場合、税金が控除される住宅ローン減税は自分で申し込まなければいけません。手続き等が難しいと心配している方もぜひ一度ご覧になってください。

以下は引用住宅ローン減税で控除される還付金の上限は「ローンの年末残高×1%」です。例えば、2000万円が年末残高として残っている場合、20万円が控除されるわけですね。その減税効果が10年続くわけですから、トータルでは数百万円分が控除され得をすることになります。